スムーズな不動産の相続をしよう【特定相続人が継いだ方が望ましい】

所有地以外の不動産譲渡

家の模型

所有権がなくても売却可

不動産売買といえば所有権を有している土地や建物の売買をイメージしがちですが、実際には売買の対象はそれだけに留まりません。不動産の利用形態の中で多いのは所有や賃貸ですが、特に古くから住まれている土地の中には借地権が使われているものが存在します。この借地権というのは、民法で言うところの物権の一種で、対抗要件として登記もできるため賃借権よりも強い権利であるとされています。物件であるため売買によって第三者に譲渡することも可能なのですが、所有権に比べると権利として弱いため、売却価格は抑えめとなることが一般的です。また、若干特殊な権利ではありますので不動産業者によっては取り扱うことを敬遠するところもありますので、最初に相談する際に借地権でも問題ないかはしっかりと確認するようにしましょう。売却プロセスは一般の不動産売買のケースと概ね同様で、広告を出して関心のある方から現地訪問を受け、気に入ったら条件の細部を詰めて契約に至るといったものです。なお、借地権の場合には、他に本来の所有権者が存在することになりますが、場合によっては所有権者に借地権を買い戻してもらったり、所有権者とともに不動産を売却するというのも一つの手段です。後者の場合は、借地権と底地権の同時売買などと言われますが、購入者からすると結果的に所有権を取得することができるために一般的な所有地と同等程度の価格で売却することが可能になるというメリットがあります。

Copyright© 2018 スムーズな不動産の相続をしよう【特定相続人が継いだ方が望ましい】 All Rights Reserved.