スムーズな不動産の相続をしよう【特定相続人が継いだ方が望ましい】

土地等を継ぐ際の注意点

お金と家

遺産分割協議と共有

親族が死亡した際、不動産を残しているなら、相続人が相続することになります。 その時には、不動産の特有の注意すべき問題が発生します。 亡くなった人が土地や建物といった不動産を残していたケースでは、相続人すべての人で対話をして、不動産をどなたが受け継ぐのかを決定しなければなりません。 ちなみに、たった一人しかいないケースや、遺言を利用することによって指定しているケースには、対象者が受け継ぐことになります。 そして、相続人すべての人によって対話することを遺産分割協議といいます。 この遺産分割協議に関しては、相続人すべての人が一ヶ所に寄り集まって実行しなければならないわけではなく、手紙並びにメールのやりとりで実施してもかまいません。 また、遺産の振り分けについて、相続人すべての人で意思統一することができれば何の問題もありません。 そして、不動産を誰が相続するか決定されるまでは、相続人すべての人の共有になりますので注意が必要になります。これを遺産共有と言います。 たしかに不動産を共有のままにすることも不可能ということはありません。 しかしながら、共有の状態であれば、不動産処分する時にもすべての人の同意がなければできません。 さらに、共有者の誰かが亡くなるとふたたび相続が生じ、不動産に関係する方が次から次へと増加していきます。 以上のような不都合を回避するため、不動産に関しては特定相続人が継いだ方が望ましいでしょう。

案内する男性

空間の印象を体感できる

神奈川県川崎市でも住宅展示場は写真などでは分からない、空間の印象などを体感できます。また疑問や不安を解消するために資料を見たり、営業担当者に質問したりすることが可能です。そして事前に筆記用具やカメラ、メジャーを持っていき記録することで、貴重な資料を手に入れることができます。

詳しく見る

男性

家族向けの物件

家族向けの物件を横浜市内で探す場合には、マンションや一戸建てなどのタイプ別に、不動産会社を上手に使い分けるのがポイントです。買取りを行う不動産会社は、低価格の中古マンションの販売に強みがあり、自社開発を行う業者の分譲住宅も魅力的です。

詳しく見る

家の模型

所有地以外の不動産譲渡

借地権付きの土地であっても通常の不動産と同様に売買することが可能です。本来の所有権者がいるため、価格は抑え目となることが通常ですが、なるべく高く売るために所有権者と一緒に同時売却を行うことも検討してみると良いでしょう。

詳しく見る

住宅模型

跡継問題の弁護士の選び方

弁護士の最適な選び方としましては、不動産の相続に関しての知識の豊富さ、扱ってきた案件の豊富さが着目点になってきます。 選び方のポイントとして、まずネットでの検索が効果的です。また、知人を通じて紹介してもらう方法もあります。いずれにしても複数から選択することが重要です。

詳しく見る

女性

良い家を建てる方法とは

気に入った施工会社にマイホームの建築を依頼したいときには、川崎市内の住宅展示場を訪れて、必要な情報を集めるべきです。展示場内で開催されているセミナーで資金計画について学習したり、住宅メーカーが主催する見学会に参加するのが、住まいをスムーズに建てるコツです。

詳しく見る

Copyright© 2018 スムーズな不動産の相続をしよう【特定相続人が継いだ方が望ましい】 All Rights Reserved.